思い出の卒業ソングは?

生徒さんが、「『月刊ピアノ』3月号にはいい曲がたくさん載っていたので買った。」と言って持ってきてくれました。レミオロメンの『3月9日』に心惹かれたようです。中学校の卒業式の思い出といえばこの曲だったとか。

かつては『旅立ちの日に』が定番曲の一つで、2007年にスマップがCMでも歌っていました。この曲の伴奏をしたくて練習している生徒さんが毎年いました。

その後いきものがかりの『YELL』やアンジェラアキの『手紙〜拝啓十五の君へ〜』を歌っていた時期もありました。私にとってはつい最近のことですが、早10年前のこと。小学生は知らないかもしれません。

ではピアノ曲で卒業ソングの定番といえば?

私が思い浮かべるのはショパンの『別れの曲』です。難易度の高いショパンのエチュードOp.10-3、中高生には中間部が技術的に難しいです。が、ブルグミュラーの『別れ』なら弾いたことのある方も多いのではないでしょうか?懐かしいと思われた方はぜひ弾いてみてください。大人が弾いてもとても素敵な一曲です。